リメイクの本編をご紹介させていただきます。

ーリサイズービックシルエットのシャツサイズ設定。

着丈:(前)79cm(後)82cm

バスト:132cm

肩巾:57cm

裄丈:63cm

袖巾:28cm

2枚のシャツから1枚のサイズにリサイズ。素材分量は問題なしです。横幅も問題なく広げていけます、しかし縦方向の丈伸ばしは単純に導かれず、この課題はデザインによって解決をしていく事柄になります。

大枠の型紙を製作して、その上にどのように2枚を組み合わせてサイズを確立していくかがリメイクの醍醐味であり、目指すデザインが生まれるプロセスになります。

グリーンの濃淡の2枚のシャツを組み合わせていく中で、それぞれの個性がぶつかり合い、良い調和を奏でたいと心に思いました。

アイデアを沢山出しては却下し、また他のアイデアを出して却下しながら、他の素材を組み合わせるデザインに至りました。効果的な使い方で2枚のシャツを引き立て、さらに別テイストを加えて新しい方向に導く素材を組み合わせします。

「ベルベット」毛並みのある素材で艶めいた光沢感、高級感が特徴の素材。

今回使用したベルベット生地は毛並み方向が波を打ったようにランダムに仕上げられた「クラッシュベルベット」を採用しました。高級感を崩すために施された毛並み加工です。

「キューバシャツ」社会主義国のどこか漂う時代の鎖国感、オーブンカラーの懐古趣味。

「ピストルプリントシャツ」ギャング、アメコミ、アンダーグランド感。どちらも懐かし気で危うい匂い、さらにベルベットの艶めいた素材で上塗りをして雰囲気をもう一歩倍増させていく。悪い奴を作ってみたくなりました。

ーレイアウトデザインー

悪い奴を作ってみたいと思いながらも、ただただ悪い奴を作るのでなく相反してバランスは整えて綺麗に仕上げていく方向に転換しました。とても複雑な絡み合いをごくシンプルなデザインに昇華させてさらりと着られるシャツが最終的に目指したデザインです。

「キューバシャツ」「ピストルプリント」「ベルベット」「ビックサイズシルエット」様々なテイストと条件をミックスして1枚のシャツを仕立て上げる。

ダイバーシティ(多様性)といわれる世の中、私はまだまだ実感し共感も体験も乏しい中にいますが、このシャツのリメイクに携わった数か月は、いつもこの言葉から国や時間、世界を感じずにはいられませんでした。このように感じられるのはファッションという存在があるからだと思います。ファッションは着飾るだけのものではなく、着ることは感じる事であるように思わせてくれます。心を動かすものだと思います。

ご依頼主(男性)によるメンズシャツのアイテムですが、多様性からヒントをいただき、自由にコーディネートをしてみました。なににも捉われない空気を感じていただけたら、もっとファッションが楽しくなりそうです。

今回はとても刺激的なリメイクに出会えて、今でも製作期間を思い起こすと胸が高まる思いでいます。とても楽しかったです。

Thank you S.T!

こちちらは7月にUNEVEN GENERALSTOREにて開催いただいた「atelier rei出張お直し相談室」でご依頼いただきましたリメイクでした。リメイクにあたりUNEVENスタッフの皆さまにも相談に乗っていただき、こうして形にきできました。

ご依頼主さま、UNEVENスタッフの皆さまありがとうございました!

「キューバシャツ」と「ピストルプリントシャツ」のドッキングリメイクのご紹介です。この個性的なシャツ2枚を組み合わせて1枚のシャツへ作り替えていきます。


初めて見たキューバシャツ。興味深くなり調べてみました。

キューバシャツは、本国キューバでは冠婚葬祭や公共の職員の着用など、正装としても認識される伝統ある洋服だそうです。襟が開襟(オープンカラー)により、胸元の通気性が良く涼しさを確保できます。これはキューバの高温多湿な環境の中でも快適に過ごせるように作られたと言われていますが、起源は判明しておらず、サトウキビ農家のワークシャツであったなど諸説もあるそうです。

キューバシャツという名前から、キューバの人が着ている印象が強いかと思いますが、実はメキシコ人(農家などの作業員)が着ている割合の方が高いといわれています。これは昔、キューバからメキシコのユカタン州に渡ったのち、Guayaba(グアバ)農家が着用していたことに由来します。

このことから、メキシコではキューバシャツのことをGUAYABERA(グアジャベーラ)と呼び、農家の方が作業服として着用しています。作業時に多くのグアバをポケットに詰めて帰れるように、ポケットの数を2から4つに改良しながら、メキシコ製キューバシャツになっていったのです。一般的なシャツでは見られないポケットの数もなるほどね、と面白くなります。

そして一番の特徴として目を引く刺繍やプリーツは1点1点異なる装飾が施されています。ラテンカルチャーのアイコンを作り手が刺繍でデザインしたと言われています。

フロントのプリーツや刺繍、肩や裾に施されたボタンの数々は少々装飾的で謎です。いったい何の意味があるのかまだまだ調べていくと奥が深そうです。民族衣装は、ミリタリーウエアのように機能一辺倒でもないところが面白くて好きな洋服です。

訪れたことがない2つの国(キューバとアメリカ)。一方は社会主義国の民族衣装、もう一方はスケーターカルチャーの中心的な役割とピップポップやパンクなどカウンターカルチャーに位置する存在。個性的な洋服を目の前にして少し興奮しながら思い描くデザインのリメイクに取り組みました。

生地の組み合わせに加えてタイトシルエットのシャツを大きなサイズへ「リサイズ」も大きなデザインポイントになります。大いに遊びます。

次はリメイクへとつづきます。お楽しみに。


現在開催中!10月10日(土曜日)まで。

どうぞお立ち寄りくださいませ。

Title:always say thank you - her.magazine -

場所:DAIKANYAMA T-SITE

会期期間:2020年9月26日(土)-10月10日(土)

NZの自然から生まれる。

YARN From Aotearoa New Zealand

〈Aotearoa〉(アオテアロア)はニュージーランドの先住民族”マオリ族”の言葉でニュージーランドのことです。

日本語の意味は「長く白い雲のたなびく国」という意味だそうです。

ニュージーランド南島の環境で育つメリノ羊、その中でもきわめて稀少な羊毛(ZQ認定メリノ)を使用したYARN ウエア。生産者の背景も大切に思う、多様の機能を持ち合わせた魅力的な天然素材〈メリノウール〉は素晴らしい特性を秘めています。

このメリノウールの特性を沢山教えてくれた友人たちが私の側にいます。その内の一人、彼は何十年も山登りをしていて、その時には必ずメリノウールのインナーを着用しているそうです。

この夏YARNの試作メンズウエアを着て川に飛び込む!帰りの山道は濡れたウエアのままで!?

今までも綿や合成繊維のウエアを試された彼の経験からメリノウールウエアの着心地と素材の持つ機能(乾きやすい、乾く時に身体の熱を奪わない、臭わないなど)は本当にすごいよ!って教えてくれました。彼はいつも教えてくれる、頼もしい存在です。

私たちの現代の都市生活は建物や電車の中での冷暖房、朝晩の気温差、様々な環境の中にいます。YARNはそんな普段の生活の中でも肌に一番近い服として、日々を快適に過ごしていただける支えになれたらと願いお届けします。

この期間に是非お手に取ってご体験ください。

IN NATURE WE TRUST 

Our Merino Wool

from New Zealand

100% Pure Nature


Quality Fibre

Animal Welfare 

Environmental Sustainability

Traceable to Source

2015年にニュージーランド出身のJames Oliver(ジェームス・オリバー)氏が創刊したファッション&カルチャーマガジン「her.magazine」のvol.11発売を記念してフェアが開催されます。

Title:always say thank you - her.magazine -

場所:DAIKANYAMA T-SITE

会期期間:2020年9月26日(土)-10月10日(土)


vol.10は美しいNZの風景の中でYARNウエアのイメージフォトとインタビュー掲載、今回発売のvol.11ではYARNの製作背景(NZよりZQ認定メリノ*の生産者、デザインと縫製を担う日本)を誌面に取り上げていただきました。

イベントに合わせて「YARN×her.magazine」のダブルネームタグが付いたクルーネックシャツ、そして「her.magazine」よりオリジナルアパレルグッズも限定販売されます。

加えて「YARN」より2020AW新作のレギンスをご紹介します。コラボアイテムと同素材で展開し、サスティナブルなファッションをご提案いたします。

*蔦屋代官山店頭ではIce BlueとDark Grayの2色展開になります。

ニュージーランドで丁寧に作られた最高級メリノウール(ZQ認定メリノ*)の幸福な肌触りをお届けいたします。

是非、店頭にてお手に取ってご体感くださいませ。

くれぐれも無理のない範囲でお出掛けください。

よろしくお願いいたします。


*ZQ認定メリノとは

ZQメリノの生産者は、ニュージーランドの地に根付く自然を敬う理念と情熱のもと、人間と自然界にある深い絆を守りながら環境に配慮して、世界最高クラスの環境保全基準(エコスタンダード)を提供しています。

「CARE FOR THE ENVIRONMENT」

「ANIMAL WELFARE ANDHEALTH」

「SOCIAL RESPONSIBILITY」「FIBRE QUALITY」

各分野で認証基準を満たして生産された羊毛原料です。


3枚の異なるカラーパンツのリメイクのご紹介です。

白、イエロー、ダークグレー3枚3色のパンツから1枚のパンツへのリメイクです。リメイクは形にしたいパンツシルエットから始まります。


ワイドなパンツシルエットを主軸に、その上をキャンバスのようにカラーを乗せていきます。ベースは白。イエロー、ダークグレーをどの分量でどの位置に置いていくのか。全てお客様の美的感覚、色彩感覚、立体感覚、ファッション感覚、様々な感覚をご自身でクリエーションを高めて持ってきてくださいました。

私は細部と縫製テクニックでご要望のデザインをよりイメージに沿ったものに作り上げるクリエーションを目指します。3枚の限られたパンツを素材にして、それぞれのパンツの特徴や分量をどのようにどこに用いるかを思い形にしていきます。

ワイドシルエットのパンツに絶妙な配色バランスが現れました。想像を超えてコンテンポラリーで不思議とエレガンスさが香る、独自の存在感があるパンツに仕上がりました。

ご依頼主のお客様はアトリエレイにて今までも数多くのリメイクのご依頼をしてくださり、デザインやアイデアは感覚的でありながらもしっかりとしたビジョンを持ち合わせた方です。予測不能、投げてくるボールを逃さず打ち返す気持ちで、そのアイデアを形に表すことが嬉しくて(打ちたくて)楽しんでいます。打ち合わせは見たことがないボールを投げてきます。楽しさと、受け止める事が出来るか、そんな緊張感のあるキャッチボールを体感しています。

今回も伸び伸びとアイデアを出されるお客様にはクリエーションのエンジンを掛けて走っていこう!と言われているかのように製作を導いてもらいました。これは自分を今まで以上に広くして頂いている感覚でとても大きな嬉しさとなります。

今回も楽しかったです。いつもありがとう、F君‼

今回もお届けスタイルは「袋」

1200×1200mmサイズのラグにぴったりと収まるサイズの袋を製作しました。

素材はコットン。色は後々のその先の使い道を想像しラグで使用したグレーを選択しました。その先の使い道は「ハンギングバッグ」としてのご提案になります。

ポケット口は3つ、リビングや寝室、脱衣所など壁掛けにしてお使いいただける仕様です。

ラグをお届けした後、この袋がご新居のどこかでご自由にお使いいただき、暮らしの中での楽しみになればいいなと想像しています。使い道は自由であっていい!楽しい事が広がっていきますように!

Reused textile rug

size : 1200×1200mm

color : gray,beige,Yellow,navy,light gray,red

新しく建てられる家と小さなお子様を持つご家族のためにラグを制作させていただきました。

心豊かに温かさを全面に出した6色使いのカラーパレット。

当初予定していた色からお客様のご要望で他の色にチェンジしながらの楽しい対話も加わり、グレーを中心にどの色をどの位置でどの位の割合など、デザインはフリースタイルのパズルの様に作り上げていきました。

今回は遠くに住まわれているお客様との打ち合わせになり、ラグの編み見本、素材と色見本は発送し、デザイン構成案はメールでのやり取りをさせていただきました。

コロナ禍で自由な動きが制限をされる中、アトリエレイが今出来る事を思い、お客様にもご協力やご理解をいただきながら、こうして制作させていただける嬉しさを感じる期間でした。

お客様のお顔を見られる事が当たり前だと思う日々から、そうでなくなった今を経験しました。

とはいえ、私はメールだけでも、お会いしてお話しをしている事とはまた違って、十分に満たされていく事もあると実感しています。それが今回のラグ制作での新発見でした。

こんな状況ではありますが良い影響もおおいに感じられました。

楽しみにお待ちいただいたお客様へラグをお送りいたしました。

お子様はゴロゴロ、すりすりしてくれているそうです!嬉しくなる光景のご報告に顔がほころび嬉しくなりました。

Mさん、ありがとうございました!

2020年7月4、5日の2日間 at UNEVEN GENERAL STORE(愛知県名古屋市)

2020年8月9、10日の2日間 at LiLLT(愛知県名古屋市)

この夏、2か月連続で出張お直し相談室をさせていただきました。atelier reiでは初めての試み、お店を飛び出し今月はメンズセレクトショップへ来月はレディースセレクトショップへお邪魔しました。いつもは男女問わず、年齢も本当に幅広く様々なお客様とお付き合いさせていただいている中、今回は男性100%、女性100%の客層を2日間ずつ体験しとても新鮮な感覚でした。

atelier rei を通して、「大好きな洋服がこの先も大好きでいられる様に、少しここがこうだったら、もっとここがこうだったら」を形にして、皆さまのお力になれたら嬉しいなと思っています。

いつもに増してお直しのご要望も多種多様で、私が思う事などはしれていてお客様がこうだったらという意見を聞かせていただくと、それ以上にぐっと広がりを与えてくれます。それがあるから嬉しくなってきます。お直し相談室での時間は終日そんな時間が流れます。

そしてこのイベントを開催してくださった両店スタッフの皆さまありがとうございました。皆さまから連日沢山お力添えいただいた事も本当に大きく、クリエーションを膨らませていただきました。

ご来店くださったお客様とのお直し相談室の会話は頭の中を流れ、それを聞いて毎日製作に取り組んでいます。

お預かりした大切なお洋服は花束のようにして皆さまに贈ります!

どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。

お礼が遅くなりましたが、この場をお借りして皆さまに感謝申し上げます。



2回に渡って製作時の話に引き続き、スペシャルラグの最後はお届けの様子をご紹介いたします。

いつもちょっとした楽しみのあるお届けができたらいいな思いと、私自身も実は楽しみに取り組んでいる自由製作お届けパッケージです。

今回は「袋」を試みました。

2枚から構成された大きなラグはセパレートして、1枚ずつ納める「ラグ専用袋」の製作です。

サイズを測り、既製品には存在しないぴったりサイズを目指し、施主さまがきっと好きだと想像する麻素材をセレクト。機能、耐久性には綾テープを加えてデザイン性としても落とし込みました。

ここまでが頭の中で想像していた「ラグ専用袋」の完成形。この袋のその先の使い方が欲しくなり「壁掛け袋」に進展しました。スナップボタン2組を加えるだけで他の用途へと変化をします。とても簡単な事がフレキシブルな袋へ導きました。

寝室、洗面所、玄関先などなど、自由に赴くままの使い方を楽しんでいただけたら嬉しいです。毎日の暮らしの中でふとした時にお役に立てたらこれもまた嬉しい。

どうぞご参考にしてみてください。2回に渡っての製作時のお話に引き続き、スペシャルラグ最後はお届けの様子をご紹介いたします。

いつもちょっとした楽しみのあるお届けができたらいいな思いと、私自身も実は楽しみに取り組んでいる自由製作お届けパッケージです。

今回は「袋」を試みました。

2枚から構成された大きなラグはセパレートして、1枚ずつ納める「ラグ専用袋」の製作です。

サイズを測り、既製品には存在しないぴったりサイズを目指し、施主さまがきっと好きだと想像する麻素材をセレクト。機能、耐久性には綾テープを加えてデザイン性としても落とし込みました。

ここまでが頭の中で想像していた「ラグ専用袋」の完成形。この袋のその先の使い方が欲しくなり「壁掛け袋」に進展しました。スナップボタン2組を加えるだけで他の用途へと変化をします。とても簡単な事がフレキシブルな袋へ導きました。

寝室、洗面所、玄関先などなど、自由に赴くままの使い方を楽しんでいただけたら嬉しいです。毎日の暮らしの中でふとした時にお役に立てたらこれもまた嬉しい。

どうぞご参考にしてみてください。

size : 2000×2000mm

style:1000×1000mm(2sheets)

color : gray, snow white,ice blue,lemon yellow

先日ご紹介したラグの引き続きです。

昨年11月からおよそ9か月、お打ち合わせは素材を手にしていただく機会と、実際のサイズでのデザインのご確認、その他はメールでのやり取りを重ねながら、完成まで長い期間のお付き合いをいただきました。

形のこと。

2000×2000mmの正方形から変化させて、角の四か所はそれぞれ異なるカットデザインのご提案。リビングルームの床にはそれぞれカットデザインによってイレギュラーの隙間が現れ、余白とも受け取っていただけるものです。このカットが大きいサイズながらもライト感な印象を受けます。そしてラグ全面は施主様のこだわり「線を合わせる」家作りに通じるように、配色バランスで反映を目指しました。

さて次回はお引渡しのご紹介に続きます。

どうぞこちらもお楽しみに!


撮影協力:

Space: TIMELESS

Furniture: WOHL HUTTE




size : 2000×2000mm

style:1000×1000mm(2sheets)

color : gray, snow white,ice blue,lemon yellow

昨年11月、新築の家に向けてリビングルームのラグのご依頼をいただきました。

今回はラグが出来上がるまでのプロセスもご紹介したいと思います。

今までアトリエレイにて製作させていただいたラグの中でも最も大きなサイズ2000×2000mmです。ラグ製作はどれもスペシャルだと思い製作に取り組んでいますが、今回はまたそれを超えるスペシャルなラグになりそう!

初回打ち合わせはざっくり、二回目はそれを踏まえてデザインと色、その配置バランスを詰めていく進行になります。

実寸サイズの型紙を用意するにあたり、アトリエの作業台より大幅にはみ出るサイズには壁を利用してデザイン製図の試みです!やはり今までのラグのスケールを超えていると実感。

こんなに面白い製作過程の中でも私自身はなにしろ作ったことがないサイズを前にして、現実的にこれが形になり、お渡しできるのか不安がいっぱいでした。

ラグは全て手編みで製作します。確かで高い技術、頼もしいスタップが想像を形にしてくれます。スタッフとの打ち合わせも入念に事細かにします。

右から左に一方方向、横編み。たった一つの編みテクニックを用いて直線と曲線は素材と色を合わせて形を生んでいく瞬間があります。この瞬間をぴたっと捉えたい。対極の目を捉え形が生まれます。

スタッフはとてもとてもポジティブな心の持ち主、加えて芯の強さも持ち合わせているスペシャルなスタッフです。彼女の存在がラグを形にしてくれるのです。私が誇りに思うスタッフです。

手仕事や芸術性とプロダクト、どれも区別はなくどれでもないラグをお届けできたらいいな、と思い彼女と毎日話し合いはとことん、打つと響く、よいキャッチボールをして取り組んでいます。

出来上がりの後ほど。

どうぞお楽しみにしていてください。

A (エー:愛知県名古屋市緑区)の店内カーテンを製作をさせていただきました。

店内奥、カーテンの製作にあたり「カーテン屋さんにはないカーテン」「壁のような佇まい」「素材はお任せ」のリクエストから、通常カーテンに使われない特殊素材のセレクトのスタートです。

数種類の素材を店内で吟味し、特殊素材のメタリックメッシュとメタリックナイロンの組み合わせのアイデアがその場で生まれ、「壁のような佇まい」には裏面にしっかりとした素材をさらに重ねて素材全面に硬さを出す試みです。


内装工事中に拝見した店内とオープンを迎えた店内、何もない空間もとても素敵でしたがイベント同時開催にオープンされたお店は違う空気に様変わりです。これも店主の懐の大きさを感じてしまう、お店って良いですね。こんなにも表現を伸び伸びしていく事、それを体感できるのも良いものです。心地良い刺激と緊張感がとても良いです。

鋭さとチャーミングなお人柄、審美眼とその感性からセレクトされた品、それはA(エー)エース級のもの!店主そのままを表わされてる、とても魅力的なお店です。大好きなお店の誕生が嬉しくてたまりません。

オープンおめでとうございます!

皆さま、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ。


愛知県名古屋市緑区ほら貝1-463-1

pre open 7.23~8.16

www.puu-a.com

内装デザイン:WOHL HUTTE

グラフィックデザイン:colon books